Cinematographers assistant upbringing cramming school
お問い合わせ

怒られてばかり、それも楽しい、プロを目指しているのだから。

トップページ
育成塾について
育成塾の授業
入塾のご案内
おしらせ

撮影実習授業


撮影助手育成塾では実際に撮影を行う「撮影実習」の授業を設けています。「実技講習」などで学んだ事を実践で行ってみることが目的です。
毎年9月に行われる「撮影実習合宿」が撮影実習の中でも一番内容の濃い授業となっています。育成塾の実習では、撮影をJSCに所属するキャメラマンが担当、チーフアシスタントをJSC青年部の撮影助手に担当してもらいます。塾生はその下に付いて文字通り撮影助手としての体験をする事となります。キャメラマンやチーフアシスタントである先輩から出される指示に、未熟ながらも対応していく実習は、そのまま実際の現場と変わらぬ雰囲気の中で行われています。この合宿では実際にシナリオが作られ、一つの作品を仕上げていく形式で行われます。作品を作り上げることもあり、キャメラマンもチーフアシスタントも真剣です。撮影の中で塾生たちは、プロの作業がいかに速く的確に行われているかを知り、自身の未熟さと不安定な作業に気付く事でしょう。またこの合宿では専門の照明技師と特殊機材のオペレーターにも講師として参加していただきます。塾生たちはいくつかの班に分かれて、撮影部、照明部、特機部と別れて、それぞれを順番に体験していくこととなります。
9月の撮影実習合宿以外にも、最新のデジタル機材を使用した「デジタル撮影実習」、スタジオ撮影という特殊な環境を経験する「スタジオ撮影実習」などがあります。どの撮影実習授業も実際に撮影をし、翌週の授業で撮影した映像を株式会社東京現像所、東映ラボ・テックなど、JSC維持会員の企業に協力をしていただき、映画等の試写などを行う最高の環境で見ることができます。合宿での撮影では、合同会社 コダックの協力の下で実際の35ミリフィルムを使用しての撮影、どれも今の時代においては実に贅沢な実習となっています。プロを目指す彼らに中途半端な体験をさせては意味がないというJSCだからこそできる授業となっています。
撮影実習合宿で塾生たちは講師陣から怒られながらも多くのことを学ぶことができます。早朝からナイター撮影まで分刻みのスケジュールを体験した自信は、合宿後に大きく成長する姿で分かります。どんな学校でも体験することのできない育成塾の授業がここにあるのです。

 

 

Placeholder image
日本映画撮影監督協会
Japanese Society of Cinematographers
〒160-0002 東京都新宿区新宿 1-25-14 第2関根ビル5F
TEL:(03)3356-7896 FAX:(03)3356-7897
URL: http://www.jsc.or.jp    e-mail:info@jsc.or.jp
ホームページ内で使用している写真には著作権と肖像権が有ります、無断での使用は固く禁止いたします。使用しているのが判明した場合は法的処置を取らせていただきます。
inserted by FC2 system